ターミナルの表示を変える 【Linux/zsh】

田中太郎
田中太郎

ターミナルを見やすくしよう!

ターミナルを改良してみる

zshのターミナルはデフォルトでは簡素なので改良してみます。

環境

centOS 7
zsh
vagrant

サンプルコード

zshrcに下記を追加します。

.zshrc
export PS1="%F{green}[%n@%m](%?)%~%f"$'\n'"%F{green}%#%f"

そして更新すると、以下のように表示されます。

解説

以下の表を参考に、ターミナルに表示したい情報を選択します。

文字        意味
%Mホスト名.ドメイン名
%mホスト名
%nユーザ名
%#% or # (local or root)
%yログイン端末名
%?コマンドの戻り値
%hコマンドの実行数
%dフルパス
%~ホームからの相対パス
%Cカレントディレクトリ
%c or %.カレントディレクトリ(ホームのときは~)
%DYY-MM-DD
%WMM/DD/YY
%wDay DD
%*HH:MM:SS
%THH:MM
%F{color}…%f…の色を変える
$’\n’改行する
よく使う文字一覧
%M

ホスト名.ドメイン名が表示されます。

%m

ホスト名が表示されます。

%n

ユーザ名が表示されます。

%#

ローカル権限のときは%,root権限を持っているときは#が表示されます。

%y

ログイン端末名が表示されます。

%?

直前のコマンドの戻り値が表示されます。

直前のコマンドが成功していれば0, 失敗していれば0以外が返ってきます。

%h

コマンドの実行回数が返ってきます。

%d

フルパスを表示します。

%~

ホームディレクトリからの相対パスを表示します。(ホームディレクトリは~)

下の例は、ホームディレクトリ下にあるworkというディレクトリにいるときです。

%C

カレントディレクトリを表示します。

%c

カレントディレクトリを表示します。(ホームディレクトリにいるときは~)

%D

YY-MM-DDの形で日付を表示します。

%W

MM/DD/YYの形で日付を表示します。

%w

曜日 日 の形で日付を表示します。

%*

HH:MM:SSの形で日付を表示します。

%T

HH:MMの形で日付を表示します。

%F{color}…%f

%F{color} と%f で囲んだ範囲の色を変えられます.

colorは以下から選べます。

色番号
0black
1red
2green
3yellow
4blue
5magenta
6cyan
7white
$’\n’

改行することができます.

export SP1=”…$’\n'”

とすると上手くいきませんでした.改行は””の外に出してください.

export SP1=”…”$’\n'”…”

まとめ

zshのターミナルの変更方法について説明しました。

皆さん独自のターミナルに改良してみてください。

タイトルとURLをコピーしました