田中太郎

スポンサーリンク
Systemverilog

SystemVerilog|pure virtual について考える

田中太郎 pure virtualの意味について考えていきます はじめに UVMでpure virtualがついたfunction/taskがあったので、サンプルコードを作成して動作を確認しました pure virtu...
Systemverilog

SystemVerilog|virtual function/taskについて考える

田中太郎 たまに「vritual」がついたfunction/taskをみかけますが、動作の違いが不明だったので、試してみました はじめに UVMのコードを書いていると「virtural」型がついたfunction/taskを...
Systemverilog

SystemVerilog|classの使い方

田中太郎 class(クラス)の基本的な使い方を紹介します はじめに SystemVerilogではclass(クラス)を使用してオブジェクト指向的にコーデイングできます 論理合成対象のRTLではあまり使用しませんが、...
Systemverilog

ModelSim|CUIからシミュレーション実行してVCDファイルを作成

田中太郎 ModelSimをCUI(コマンドライン)から実行してVCDファイルを作成します 実行環境 OS:Windows RTL:SystemVerilog(Verilogでも可) はじめに ModelS...
Linux

zsh|ifの条件式で正規表現を使用する

田中太郎 zshの正規表現についてまとめます はじめに zshで正規表現を使うことができます 例えば以下のように使用します str="hoge fuga" if ] then echo...
Linux

zsh|ファイルを読み込む

田中太郎 zshでファイルを読み込みます 使い方 下記のように使用します cat <ファイル名> | while read i do <処理> done cat で標準出力したファ...
Python

Python|タプルとリストの速度の違い

田中太郎 タプルとリストを作成するのにかかる時間を比較しました 使用するコード 下記のコードを使用してタプルとリストの作成速度を比較します タプル def func1(cnt_max): for i in...
Python

Python|Numpyと標準関数の実行速度を比較

田中太郎 数値計算でよく用いられるnumpyとPythonに標準に搭載されている標準関数の実行速度を比較してみます 比較するもの numpyの関数 numpy.max() とpython標準関数の max(...
Python

Python|yieldで関数を高速化する

田中太郎 yieldを使用してfor文処理がある関数を高速化します yieldの使い方 func1()で0~cnt_maxまでのリストを作成して足し合わせる単純なコードです def func1(cnt_max): ...
Python

Python|subprocessでLinuxコマンドを実行

田中太郎 Pythonの標準モジュール「subrocess」を使用してPythonスクリプトからLinuxコマンドを実行します はじめに 簡単なサンプルを作成しました 下記をコピーして実行します sample1....
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました