【質権と抵当権】担保でお金を借りる

行政書士
田中太郎
田中太郎

質権と抵当権の違いは何か自分なりに調べてみました。

はじめに

担保を設定してお金を借りる方法には2種類あります。

質権(しちけん)と抵当権(ていとうけん)です。

予備知識

  • 債権者:お金を貸した人(お金を返してもらう権利がある)
  • 債務者:お金を借りる人(お金を返す義務がある)
  • 担保 :お金を借りるとき、「モノ」を相手に渡す。お金を返済できないとき、「モノ」を売って返済に充てる。

質権

質権(しちけん)

お金を借りる人(債務者)は、担保になるものを、お金を貸す人(債権者)に渡す。債権者は担保が不動産だと、その不動産の収益を得られるが、管理費等を払う必要がある。利息をつけられない。

抵当権

抵当権(ていとうけん)

お金を借りる人(債務者)は、担保になるものを、お金を貸す人(債権者)に渡さない。その代わりに、利息を付けることができる。

たとえば

高価な時計はバッグなどは一時的になくなっても困らないので、質権でお金を貸します。

しかし、不動産の場合は、その土地に債務者が住んでいる場合、債権者に渡してしまうと住む場所がなくなってしまいます。

そこで抵当権を使います。抵当権は相手に渡さずに担保にできるので、その土地に住み続けることができます。

しかし、借金を返済できないと、どちらの場合も売りに出されてしまう点では同じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました